陰翳の煌き

惣領神社 拝殿天井絵完成!

b0152027_19134775.jpg
紫陽花     彼岸花      水仙
菊       牡丹     鉄線
杜若   菜の花・蓮華草   百合

熊本地震で倒壊した惣領神社の拝殿が新築され、昨年暮れより制作してきた天井絵がやっと上がった。
天井絵はたくさんあっても目移りがして落ち着かないので、描くのは中央の9枚のみとし、それらを
囲むように大きな銀箔の円を配した。




[PR]
# by ukishimakan | 2017-06-02 19:46 | 作品 | Trackback | Comments(0)

益城町復興祈念『観音絵馬・巡礼の旅』展

b0152027_14143646.jpg

〇会期 2017年5月2日(火)~7月30日(日) 8:30~17:00(月曜休館)
〇会場 益城町交流情報センター《ミナテラス》→こちら
〇主催 益城町・益城町教育委員会  


平成28年4月、熊本地震で震度7を二度記録した益城町に於いて、修復復元の途中
にあった33枚の大型絵馬・押絵『西国三十三所観世音霊験記』(通称:観音絵馬)。
完成を目前に控え被災したその絵馬は、もっとも被害が大きかった地区にありなが
ら、奇跡的にほとんど無傷の状態で救出され、その後、無事に修復作業を終えるこ
とが出来ました。
熊本地震から一年。この度、益城町復興祈念『観音絵馬・巡礼の旅』展として鎮魂
と慰霊の思いを重ね、開催いたします。

この「観音絵馬」(68×98cm)は、押絵作家・深浦春をはじめとする、熊本出身の
3人の女性の手により、明治42年から約5年の歳月をかけて制作されました。
その後、約20年間にわたる全国巡回の後、熊本に戻った作品群は、有志により建立
された観音絵馬堂に収められ、深浦家によって代々守り受け継がれてきました。

しかし、100年の時を経て傷みも激しく、本作の制作に関わった女性たちと益城町
との繋がりや、町内に所在する三十三ヶ所の観音堂や地蔵堂を併せた観光振興普及を
願い、益城町がその受け入れを引き継ぐことになりました。益城町はこの「観音絵馬」
33枚を、町の〝新たな文化財〟として位置づけ、平成26年度より修復・復元事業を
スタートさせました。


b0152027_14463588.jpg


幾度の風水害、戦災を逃れ、様々な困難や混乱の中、人々の祈りや思いの対象として
その役目を担ってきた「観音絵馬」。修復・復元により美しく甦った今、これまでこの
作品群が辿った歴史的背景と、熊本地震を経て、これから復興に向かう益城町の姿とを
重ね、再び人々の〝心の復興のシンボル〟としての役割を担うことを願い、ご案内申し
あげます。

b0152027_1565521.jpg



b0152027_1415136.jpg


b0152027_23132476.jpg

[PR]
# by ukishimakan | 2017-04-26 15:15 | 展覧会 | Trackback | Comments(0)

愛知県立芸術大学 卒業制作展2017

b0152027_20383023.jpg
愛知県美術館ギャラリーにて日本画作品展示室



b0152027_2213503.jpg
大塚玲王「無盡蔵(むじんぞう)」F150
画面中央に水辺の葦を描いてある。無駄なものは一切描かず、上昇していく崇高な力と下方に垂れる葉の心情的な
方向性の対比が心地よかった。



b0152027_22422911.jpg
水面下には魚影らしきものも‥。

名古屋行きを急遽決めて日帰りで行ってきた。
熊本から無理なく往復できるのも九州新幹線ができたお陰。

[PR]
# by ukishimakan | 2017-03-09 23:06 | 展覧会 | Trackback | Comments(0)

大絵馬「金環白梅図」

b0152027_21542344.jpg

熊本城の北にある池田八幡宮に大絵馬が上がりました。
拝殿の一番いい場所、真正面の高い位置なので、外からの光だけで金環が輝きます。

今回の絵馬は、形が僅かに残っていた元の板、基底材となった樹齢150年の天然杉の板との対話によって
生まれました。

[PR]
# by ukishimakan | 2017-02-16 22:45 | 作品 | Trackback | Comments(0)

日本画工房 浮島館 作品展2017

b0152027_16191290.jpg

鶴屋東館8Fふれあいギャラリーにて開催の教室作品展は無事に終了致しました。
ご来場頂いた皆様、また応援して下さった皆様、ありがとうございました!


b0152027_17494315.jpg
今回はスペースが足りないため一人一点の出品となりました。


b0152027_1716105.jpg
左が私の作品。光によって金箔の半円の金環が輝きます。右は生徒さんの作品。


b0152027_19175515.jpg
池田八幡宮の大絵馬を基にした創作作品。昨年 熊本地震で復元作業中被災し、新しい板に制作することとなりました。
板は四国で土に埋もれていた天然杉を割いたもの。白い梅の花が映えるよう板を古色に変色させてから制作。



b0152027_1875879.jpg
自分の葬式の時に立てるために描きたいといって描かれた屏風。古径作品の模写。


b0152027_19313883.jpg


b0152027_193613100.jpg
若冲作品の模写。絵絹に描きあげた後、雪が引き立つよう墨で黒く染めた薄美濃紙で裏打ちして表装。
こちらも生徒さんの作品。



b0152027_17591537.jpg


b0152027_1732684.jpg
200年以上前に貼られた金箔に、小学4年生の女の子が筆で直に描いた鶴。


b0152027_2002950.jpg
今回 会場で配布したお礼状、生徒さんの作品。北斎の赤鍾馗図を墨と藍で模写。
[PR]
# by ukishimakan | 2017-02-08 22:18 | Trackback | Comments(2)

日本画工房浮島館作品展2017開催

b0152027_17434681.jpg

〇2017年2月1日(水)~2月7日(火)AM10:00 ~ PM7:00 (最終日はPM4:00まで)
 鶴屋 東館 8階 ふれあいギャラリーにて

今回は美術館が取れず鶴屋での展示となりました。
スペースが限られているため作品数は多くありませんが、お近くの方は是非お立ち寄りください。

[PR]
# by ukishimakan | 2017-01-30 17:57 | 展覧会 | Trackback | Comments(0)

こども日本画研究室 新規教室開催!

b0152027_1115987.jpg

桜十字病院での展覧会、無事に終わりました。
多くの方から好評の声が寄せられました。

新年1月よりこども日本画研究室として、小学生を対象に毎月2回、子供向けの日本画教室を始めます!

[PR]
# by ukishimakan | 2017-01-01 01:13 | 展覧会 | Trackback | Comments(2)