陰翳の煌き

隆&慶



b0152027_1655047.jpg

教え子への結婚プレゼントに落款を彫った。

朱文で“隆” 白文で“慶”・・

気楽に使えるようにと 8ミリ角と7ミリ角の小さなものにしたため

目の限界を感じながらの制作となった。

“隆”は 字を刻んでは朱肉で試し押し 再び刻んで押し…と補刃の繰り返しで完成。

一方 “慶”は 下書きが思うようにいかず何日もかかったが 彫るのは5分程で一発で完成!



b0152027_17235581.jpg

先日 結婚パーティーが催された。

同級生同士での結婚ということで 多くの懐かしい顔が集まって楽しいひと時となった。

落款のプレゼントも大変喜んでくれた(嬉)



《落款占い》

落款を彫るとき いつも思うことがある。

不思議と字の形が そのままその人を表しているような気がするのである。


b0152027_17481365.jpg

上はウルトラマンティガの脚本家の方に彫ったもので 左が怪獣 右がウルトラマンに見える。

彫るときはまったく意識せず 彫ったあとに気づいた。

・・ ところで 今回はというと、、

“隆”は 建物の中で座して 釈迦誕生仏のように「天上天下唯我独尊・・」と叫んでいるような・・

“慶”は 荷物をぶら下げるようにして 大股で歩いているようにも・・ と勝手に想像してみる。
[PR]
by ukishimakan | 2009-06-24 17:33 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://bluelotus9.exblog.jp/tb/11348551
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]