陰翳の煌き

幻影の美

先日 美術館で一枚の女性像をみた。
作品は ある女性の写真を基に加工し 背景は金紙を平面的に用いて作られていた。私は心惹かれたので 暫く立ち止まって観ていた。

30代くらいだろうか…?
その佇まい 少し切れ長の目と その眼差し 指の表情。 こんな日本的な美しさをもった女性はあまり見たことがない…。 そこには 以前 文楽で「曽根崎心中」を観たときに見えた幻影に通ずる美しさがあった。

文楽では 見入って暫くすると 浄瑠璃の声が 若い女の文楽人形にのり移り さらに目の錯覚か?時折 チラッ チラッと女性の美しい幻影が 現われる。その瞬間 はっとする。 まさにそこに本物の場面が見えた!…と 。
私は観たことがないが 女形の玉三郎も同じようなことが起こるのではないだろうか。

女性は20代より30代でさらに美しくなるという。自分の胸が少し熱くなるのを感じながら これって“恋?!”と疑う。

いつまでいても仕方がないから 展覧会場をあとにしようとしたところ カウンターの男性から「日本画の…さん ですね!」と突然 声をかけられた。

不意にフルネームで呼ばれたので「は、はい そうですが、、、」と どぎまぎしながら答えると・・ 

男性  「美人でしょう?」 と ストレートに…

私   「そうですね!なかなか あのような人はいませんよねー。見惚れてました!」「あの作品を作られた方ですか?」

男性  「そうです。・・実はモデルなんですよ。」「みんな モデルいいっ!て言うんですよー」「よかったら 紹介しますよ!」

私   「いや、私には 恐れ多い感じがして、、、」

男性  「彼女は 新しい人を知りたがっているのですよ・・・!」と、、

私   「・・・」
自分は 喪黒福蔵に声をかけられた「笑うセールスマン」の登場人物になったように 迷いと葛藤が少しずつ湧きあがってくるのを感じながら 美術館をあとにした。

作品を通して 人と人とが 同じイメージをここまで共有出来るものかと 感心した。作者は その女性から“あるもの”を感じ それをしっかりと捉え そのイメージをそのまま表現しようと “見えるもの”から余分なものを 少しずつ差し引いていった。そして 残った形をさらに部分的に消して隠していった。そのようにして出来た作品だと思った。

今も自分は まだ「笑うセールスマン」の登場人物なのだろうか?
[PR]
by ukishimakan | 2008-08-16 10:40 | 展覧会 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://bluelotus9.exblog.jp/tb/9302502
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]