陰翳の煌き

カテゴリ:旅( 9 )

高千穂・槵觸(くしふる)神社

b0152027_21202418.jpg
ニニギノミコト降臨の地、槵觸峰(くしふるのみね)中腹にある槵觸神社。
巨木杉の間を曲がりくねって登る坂道に度肝を抜かれた。
こういう場所があるとは・・こここそパワースポットだろう。


b0152027_21204420.jpg
国の予算でも入っているのだろうか?どの神社よりも風格の感じられる社殿である。

b0152027_2121561.jpg

[PR]
by ukishimakan | 2015-05-05 22:59 | | Trackback | Comments(0)

芸術鑑賞旅行 2日目 ②   ~魚めし・竹亭にしき~

b0152027_8211243.jpg

b0152027_8214695.jpg
テレビ塔から歩いて数分の魚めし・竹亭にしき。
ここは新鮮な天然魚にこだわった魚料理お店で、前日までに予約をすれば土鍋で炊いたご飯が頂ける。
席につくと、お店の方が鮮魚を桶に入れて持って来てくれるので、そこから好きな魚を選んで料理してもらう。
桶に並ぶお魚は、カレイ、ニシンの粕漬け、スズキの三種で、私はニシンの粕漬けの塩焼きを注文。
他にお刺身の小鉢、冷奴、土鍋ご飯、赤だし、漬物、蜜柑ゼリーがつく。
土鍋ごはんは完璧に炊いてあり、底のわずかなおこげが食べたくて、つい3杯目をおかわりしてしまった。


b0152027_8221359.jpg
ニシンに添えられた魚卵の焼きもの、口にするとそれは数の子の食感である。
「うまい!」
そういえば、数の子はニシンの卵だった。

[PR]
by ukishimakan | 2013-06-02 12:00 | | Trackback | Comments(0)

芸術鑑賞旅行 1日目 ②  ~名古屋市科学館・プラネタリウム~

b0152027_9151313.jpg
ドーム内径35mという世界最大のプラネタリウムがこの中に・・。




b0152027_92139.jpg
アメリカで巨大竜巻が発生したばかりなので、竜巻の起こる様子を まざまざと見つめる。




b0152027_9215727.jpg
電気エネルギーの加速される音が不気味に響き渡り、その音が頂点に達した瞬間、紫色の稲妻が空中に走る。




b0152027_9245172.jpg
高精細な景色を投影するデジタルパノラマシステム。
上映後半の土星の輪を潜り抜ける時は、宇宙旅行をしているような気分になる。






◇夕食  あつた蓬莱軒 松坂屋店で「ひつまぶし」

b0152027_1142175.jpg


宿泊はハミルトンホテル・レッド。
白を基調としたホテルで赤い色のインテリアが印象的。


b0152027_10583830.jpg
部屋の天井も高く浴室がかなり広い。
[PR]
by ukishimakan | 2013-05-30 18:29 | | Trackback | Comments(0)

探偵ナイトスクープ



以前、探偵ナイトスクープは観たことはあったけれど、こんなに面白いとは知らなかった。
関西ならではの番組だ。

いろんな想いを持って皆生きている。
その想いがストーリーをつくる。
自分の微妙な心を感じ取る感覚というのが必要だとあらためて感じた。

他に‥
「友よ、リングにあがれ」


[PR]
by ukishimakan | 2013-01-20 00:42 | | Trackback | Comments(0)

菊池神社 松尾中佐像

b0152027_08517.jpg


菊池なる神のをしへをひたぶるに よくぞはたせしますらをの道          鶴彦

君がため散れと育てし花なれど  嵐のあとの庭さびしけれ           まつ枝

松尾中佐ご両親の歌碑より)  

b0152027_071795.jpg

松尾中佐像も紅葉に囲まれて喜んでいるようだった。
ここに来ると必ず虚空先生の作られたこの像の前でしばらく時間を過ごす。




b0152027_0503035.jpg




b0152027_042224.jpg

[PR]
by ukishimakan | 2012-12-02 02:19 | | Trackback | Comments(0)

知立・遍照院にて Ⅱ

b0152027_0181732.jpg
遍照院の中庭。学生の頃、この庭に面した江戸時代に建てられた座敷で曼荼羅の線描をしていた。
そこには浅い池があって、金魚のような小魚もおり、ときどきシラサギが舞い降りてきていた。



b0152027_059769.jpg


b0152027_0384885.jpg
境内では月に一度の“軽トラ市”が開かれていた。野菜や手作りのものが、たくさん並ぶ。インド人がカレーを出していたり、ブラジル人が歌っていたり・・予想もつかないものがテーマパークのようにあって、なかなか面白い。


b0152027_054926.jpg
こちらは近くの小学校の和太鼓クラブ。“和”をコンセプトに息の合った演奏を披露してくれた。
夢のような気分のひとときだった。

[PR]
by ukishimakan | 2012-09-25 01:24 | | Trackback | Comments(0)

旧万田坑

b0152027_23414212.jpg

長男と荒尾の万田坑に行く。
地元に住む友人に案内してもらい ボランティアの方の説明を聴きながら見学・・。

ここには 古い煉瓦造りの建物や懐かしいような色のペンキを塗った扉など 絵を描くポイントが豊富にある。
よく考えたら 自分は小学生の頃ここに見学旅行に来ている。その頃は たしかまだ大きなボタ山があったような・・。
b0152027_23421010.jpg


建物の中はヘルメットを着用して見学。
古い重厚な機械や太いワイヤーがあり機械油の臭いがする。




b0152027_23383153.jpg

巨大な竪坑櫓(たてこうやぐら)が聳え立つ。
櫓は赤茶色に錆びていたが 保存のため建造当初と同じ色に塗りなおされた。

[PR]
by ukishimakan | 2011-08-09 00:22 | | Trackback | Comments(0)

愛知県立芸術大学 オープンキャンパス 

b0152027_13572545.jpg

長男を連れて愛知県立芸術大学 オープンキャンパスに行ってきた。
久しぶりの母校だ。幸いに先生や後輩にも会うことができ 和やかな時間となった。

現在 大学の建物は 新しく建てなおすか?それとも保存か?で論争されてるとのこと。
もう建造物はどこもボロボロの状態・・。早く決定して学生にとっていい環境を整えて欲しいものだ。

もし保存するのであれば “文化財メンテナンス科”でも新設して 教材は大学の建物・・
働き手は学生をアルバイトで雇う・・などというのはどうだろう・・^^。

  
[PR]
by ukishimakan | 2011-07-27 14:29 | | Trackback | Comments(0)

長崎にて

b0152027_23223754.jpg
早朝 大浦天主堂まで行こうと坂を上る。


b0152027_232318100.jpgb0152027_23242253.jpgb0152027_2324043.jpgb0152027_2324945.jpg


b0152027_23243777.jpg
天主堂の裏へとつながる小道 
b0152027_2324489.jpg
斜め後から徐々に見えてくるのが なかなかいい。
b0152027_23245874.jpg

美人を見ているような・・
b0152027_2325898.jpg
大浦天主堂はまだ開門前・・  
 


大浦天主堂に正面から行こうとすると 味わいのない観光用の道を通ることになるが
このように裏から行くと 風景は変化に富み 古い石畳があったり 壊れかけた空き家
があったりして結構面白い。


    
[PR]
by ukishimakan | 2010-12-21 01:01 | | Trackback | Comments(0)