陰翳の煌き

カテゴリ:自然( 99 )

半夏生(はんげしょう)

b0152027_23505010.jpg
今年の夏、土間に活けた半夏生
春の頃、浮島館に少しずつ茶花を植えていきたいと言っていたところ
お茶でご一緒の大野さんから半夏生の苗を頂いた。
庭の生い茂る草のなか、無事に白く化粧をしたような姿となった。

[PR]
by ukishimakan | 2014-10-15 00:10 | 自然 | Trackback | Comments(2)

冬の浮島さん

b0152027_2248191.jpg

浮島館の門から下ると遊水地・浮島さんがある。
冬の朝 水面より朝靄が立ち、飯田山より昇る朝日が光の玉のように大きく膨張する。



b0152027_22453297.jpg




b0152027_2246846.jpg




b0152027_22474290.jpg

[PR]
by ukishimakan | 2014-02-09 22:57 | 自然 | Trackback | Comments(0)

浮島館の秋

b0152027_23291969.jpg

今の時期 浮島館の庭は紅葉の絨毯となる・・
[PR]
by ukishimakan | 2013-12-12 23:33 | 自然 | Trackback | Comments(0)

朝露 

b0152027_1036480.jpg

虫の音が一頃より静かに聞こえる。
何となくいつもより秋が早いような・・。

今週水曜から県立美術館で実技講座が始まる。
絵馬の復元作業と合わさり、忙しくなりそう。

[PR]
by ukishimakan | 2013-09-09 10:47 | 自然 | Trackback | Comments(0)

梅雨明け

b0152027_22594322.jpg

金峰山に沈む夕日。
やっと梅雨が明けたようだ。
これまでの雨に洗われたのかピカーンと空気も澄みきっている。

[PR]
by ukishimakan | 2013-07-08 23:12 | 自然 | Trackback | Comments(0)

浮島にねじ花

b0152027_132414100.jpg

昨日、あきらかに気候が変わりました。
空気が一変し、ニイニイゼミも鳴き始めました。
梅雨が明け、これから夏の始まりです。

予感はありました。
空一面厚い雲に覆われていた一昨日の夕方、西の彼方に
柔らかく透けるような青空が出ていたのです。
その空を見て、思いがけず虹を見つけた時のような嬉しさになりました。

今、雨が降っていますが、雨音も軽やかです。

浮島さんに犬の散歩に出掛けて、ねじ花を見つけました。


[PR]
by ukishimakan | 2013-06-28 13:54 | 自然 | Trackback | Comments(2)

蕗上の椿

b0152027_8515136.jpg
井寺古墳に上る坂道の脇の蕗畑。
椿は落ちると徐々に紫色に変じていく。
花は緑青の波に 赤くぽつんと浮かんでみえた。

[PR]
by ukishimakan | 2013-04-23 09:34 | 自然 | Trackback | Comments(0)

遍照院にて 松と桜

b0152027_18464450.jpg
受付のすぐ横にある松。
今まであまり上を見上げたことがなかったが、こんなに素敵な松だったとは・・。





b0152027_1846241.jpg
松と桜との組み合わせは 逆光が素敵。
[PR]
by ukishimakan | 2013-04-10 18:43 | 自然 | Trackback | Comments(0)

つくし

b0152027_034144.jpg
朝 犬の散歩に行くと浮島さんに土筆がにょきにょき出ていた。
土の筆と書いてつくし。
昔の人は上手く字を当てたものだ。

実際、筆として使ってみたらどんな線が引けるのだろう?
きっと温かで柔らかで、素朴な線が描けるような気がする。

[PR]
by ukishimakan | 2013-03-08 00:16 | 自然 | Trackback | Comments(0)

夕焼け空

b0152027_1185434.jpg

アトリエより雲仙・普賢岳を望む。
普賢岳よりずっと右側に落ちていた夕日も この時期になると南側に移動している。
22世紀も23世紀もずっと変わらず この夕焼け空が眺められるだろうか・・

[PR]
by ukishimakan | 2012-09-28 01:24 | 自然 | Trackback | Comments(4)