陰翳の煌き

<   2008年 10月 ( 26 )   > この月の画像一覧

手取教会

夕方 上通りに行ったついでに 手取教会のステンドグラスを見てきた。
最近修復が終わって ステンドグラスが生き返った!
とても日本的な雰囲気のステンドグラスだ。
b0152027_232131.jpg


天草の教会と同じ感じであるこの教会は 鉄川与助によって昭和3年に建てられたものである。
すぐ隣りに日航ホテル 正面に鶴屋デパートなど 周りをビルに囲まれており この教会があるお陰で
街の中心部の景観が保たれている。
[PR]
by ukishimakan | 2008-10-29 23:03 | | Trackback | Comments(0)

Carole King "Will You Love Me Tomorrow?"


[PR]
by ukishimakan | 2008-10-28 23:56 | 音楽 | Trackback | Comments(4)

もし現象が 想いによるものならば… Ⅳ

やがて羽音がした。
そーっと 障子の間から覗いてみると 一羽のカラスが低い枝まで舞い降りてきていた。

子ガラスは 助けてもらえると思い 弱った体でフラフラしながら 茂みの陰から再び炎天下に歩き出す。
しかし、枝のカラスは地面まで降りてくることなく そのまま飛び去っていった。

暫くして今度は二羽カラスがやって来た。
しかし枝にとまっただけで やはりそのまま飛び去っていった。それからは何も来なくなった。

b0152027_0185288.jpg

子ガラスは 残っている気力をふりしぼって さらにヨタッヨタッと前に進んだ。
しかし そこは強い陽射しの場所。もう歩けない。陽は少しは傾いたけれど じりじりと黒い体を容赦なく照りつける。

もう このままだと死んでしまう…どうにかならないものか!・・と そう願った瞬間、突然 さわさわっと風が吹いて上にあった紅葉の枝が下がってきた。そして ちょうど子ガラスのところに影をつくったのである。

よく見ると 風はその場所にだけ影をつくるかのように吹き続けている。それが何となく不思議なので「どの枝の影だろう?」と 太陽の角度を確かめながら紅葉を見上げるが どの枝が影をつくっているのか まったく分からなかった。

それを見て・・
「想いが現象となった?」 「まさか…」

はっきりした答えは言えないけれど… でも 先ほど枝まで降りてきた親ガラスも自分と同じような想いを持っていたかもしれない。
そう考えたとき ふと この世界は “愛”で覆われているのでは?・・と思った。

その後私は用があって外出し 暗くなってから帰ってきた。
子ガラスが気になっていたので 月明かりのなか 長男と一緒に庭を探すが見当たらない。
翌朝 再び探すが 子ガラスの死を見たくない!という気持ちが強かったからか 探すことは出来なかった。

数日して長男が 近くの藪の中に子ガラスらしい亡骸を見た・・と言っていた。
[PR]
by ukishimakan | 2008-10-28 00:10 | 自然 | Trackback | Comments(2)

吊り燈

夜になって冷え込んできた。
炭は熾さなかったけれど久しぶりに火鉢でお酒を飲んだ。

ある程度 条件が揃わないと日本酒は飲もうと思わないが・・・
寒い⇒小腹がへっている⇒おでん⇒セブンイレブン⇒子供が寝た⇒純米酒が目の前にある・・というような思考の流れで…飲むことにした。
b0152027_2404962.jpgb0152027_053617.jpg 左はリビングの火鉢の上にある照明。
[PR]
by ukishimakan | 2008-10-27 02:58 | | Trackback | Comments(0)

もし現象が 想いによるものならば… Ⅲ

初夏の暑い日だった。
まだ飛ぶことのできない幼いカラスが 桧の巣から落ちた。
落ちたところは強い陽射しの真っただ中。
子ガラスは しきりに天に向かってしゃがれた声を上げる。

近くに繋がれていた2匹の番犬がそれを見つけ 紐をちぎらんばかりに吠えかかり そこは喧騒な世界へと急変した。
何も分からない子ガラスは「がぁがぁ」とただ鳴くしかなく…羽で体を支えてヨタヨタしている。しかし 親とみられるカラスは 高い電柱の頂から下を見おろしているだけだった。 
b0152027_22494512.jpg

この炎天下 せめて水でも飲ませようと近づくが なれない歩行でバタバタと先へ先へと逃げていく。
諦めて水を置いて そのままにしていたところ 気がつくと泰山木の根元の陰にやって来ていた。 そこで落ち着いたのか ときどき仲間を求めて寂しそうに鳴いていた。
[PR]
by ukishimakan | 2008-10-26 22:51 | 自然 | Trackback | Comments(2)

Trust In Me - Holly Cole


Trust in me,
Just in me.
Close your eyes,
And trust in me.
・・・
[PR]
by ukishimakan | 2008-10-24 23:47 | 音楽 | Trackback | Comments(2)

揉み紙


b0152027_8452337.jpg

教室の生徒さんが 作品の下地にと 揉み紙の技法に挑戦。 

ドーサを薄くかけた厚美濃紙に濃墨を塗り 胡粉や水干絵具・液体顔料で作った絵具を重ねて 乾いたところを揉んだ。
大きさはF4号くらい。
これからこの画面にどんなものが描かれるか楽しみだ。
揉み紙は 何となくイメージが湧いてきて制作に取り組みやすいので うちの教室ではよく用いる。
[PR]
by ukishimakan | 2008-10-23 08:41 | 作品 | Trackback | Comments(2)

陽の影

これは何の影かな?
b0152027_21495266.jpg
一番下がひっくりかえった甕(カメ)で その上に石臼の下の部分。その上にヒゴスミレの植わった植木鉢。薄い影は 竹製の風鈴…
[PR]
by ukishimakan | 2008-10-18 21:54 | 自然 | Trackback | Comments(2)

秋の月

月の美しい季節になった。
この頃になると よく縁側で虚鐸を吹く。
b0152027_19211235.jpg

この写真は ある雑誌の表紙に使われたもので カメラマンが撮影した。
[PR]
by ukishimakan | 2008-10-17 19:22 | 自然 | Trackback | Comments(1)

コスモスの花

朝起きて外に出てみると 伏せた火鉢に溜まった水に コスモスが一輪落ちていた。ピンク色のコスモスは 川原や道端にはたくさん咲いているが うちには咲いていない。どうやってここに来たのだろう?b0152027_8441065.jpg
自然に咲いている花は 風に倒れたり乱れたりしたときに また違った魅力をみせる。
[PR]
by ukishimakan | 2008-10-16 08:48 | 自然 | Trackback | Comments(1)