陰翳の煌き

<   2011年 04月 ( 5 )   > この月の画像一覧

くまもとの民話 「ねずみ経」

長男が小学一年生のころ 朗読コンクールで妻が描いた絵本・・。
この話は古い岩波文庫にあったもので たしか天草の民話だったと思う。
活字も小さく読みづらかったので 子供でも読みやすいようにと描いたものである。


ねずみ経→スライドショーはこちら

b0152027_191329.jpg


More→続き
[PR]
by ukishimakan | 2011-04-30 20:15 | Book | Trackback | Comments(0)

ありがとう自衛隊!頑張れ自衛隊!




自衛隊の隊員によって2万人以上の人々が救出されている。

救出も復興も 全てこのように ひとり一人の手によって地道にするしかない。

そしてさらに 行方不明捜索での多くの遺体の収容活動による精神的ダメージは計り知れない。





日本は この3.11を境に大変な状況になってしまった。

そして原発の問題がさらに輪をかけている。

しかし TVをつければ 本当に被災地を思いやる気持ちがあるなら考慮して欲しいと思える番組もある。

今後はなお一層 思いと行動を一致させることが求められるのではないだろうか・・。


More→こちら
[PR]
by ukishimakan | 2011-04-22 18:06 | 震災 | Trackback | Comments(2)

茶の湯 四月

b0152027_23164624.jpg

世の中に

たえて桜のなかりせば

春のこころはのどけからまし

(模写 佐竹本三十六歌仙・在原業平)

b0152027_22174358.jpg


b0152027_22181099.jpg

[PR]
by ukishimakan | 2011-04-11 23:21 | 茶の湯 | Trackback | Comments(0)

護王さんの杉

b0152027_2064566.jpg
「虚空先生をご案内したかった・・」と 以前 阿蘇の中村さんが言われていた“護王さんの杉”。
初めて行って来た。
こんな暴れた杉はかつて見たことがない。
数年前 落雷で主幹が折れ空がすっぽり見えるようになったとのこと。
b0152027_208984.jpg


b0152027_2071131.jpg
ここは昔から精霊が棲んでいると云われているが 私たちが樹に触ったり笛を吹いたりしていると
パサパサッと羽音がして 茶色の大きな鷲のようなものが 樹の中心あたりの窪みからパッと飛び立っていった。

その後 私たちの様子を窺おうと 2~3度樹上を飛んで行ったようだが 姿は見えず
キュン キュンと風を切る羽音だけが 微かに森に響き渡った。


More
[PR]
by ukishimakan | 2011-04-04 21:13 | 自然 | Trackback | Comments(2)

本妙寺桜灯籠2011~大震災追悼演奏

b0152027_2230239.jpg
前回 あまり観て回ることができなかったので 今年はじっくり見物。
b0152027_22374774.jpg


揺らぐ灯籠の光に導かれるように ゆっくり進む。
しかし 灯籠を眺めながら歩いて行くうちに そこにあまりにも人の意図が感じられ過ぎ
だんだん光よりも むしろ闇の美しさに惹かれるようになっていく・・



b0152027_22302581.jpg
こちらは法皇閣。
私の演奏は ここからもう少し上がった拝殿。



b0152027_23552778.jpg
法皇閣内部
蝋燭の光に包まれた仏像と空間がおのずと信仰心を呼び覚ます・・



b0152027_21354639.jpg

虚鐸による東日本大震災追悼演奏は 浄池廟拝殿にて7時から始まった。
虚流先生も虚皓さんも他に予定が入り 私ひとりで吹くこととなった。

曲は 京調子~大和調子~一二三調~虚鈴~阿字観など、、
外の音が拝殿内に響かないよう戸を閉めていたせいか 中で聴くより外から
ガラス越しに覗く人の方が多かった。

虚鐸は本来 生の音がいいのだけれども この場ではマイクを使用して音を増幅し
外でも虚鐸の音が聴けるようにした方がよかったかもしれない。

[PR]
by ukishimakan | 2011-04-02 00:55 | 虚鐸 | Trackback | Comments(0)