陰翳の煌き

九州国立博物館 開館10周年記念特別展 『美の国 日本』

b0152027_21454458.jpg
国宝の中でも特に貴重な作品が並ぶ大変豪華な展覧会で、まさか九州でこの平安仏画の最高のものが観られるとは
思いもよらなかった。




b0152027_21445354.jpg
神護寺の釈迦如来像(赤釈迦)とは30年ぶりの再会。表装が新しくなったのは良かったけれど、
背景部分がすっかりなくなっており「どうしたの‥?」と、つい声を掛けてしまった。





b0152027_21595831.jpg
線の色や質など、赤釈迦と描き方にかなり共通点が多く、同じ絵師集団が描いたのだろうか?
赤釈迦の後にこの十一面観音を制作したのだろう‥などと自分勝手に想いを馳せる。




b0152027_22135076.jpg
前期には孔雀明王が並んだ。




b0152027_22171359.jpg
なんと法隆寺から四天王・多聞天立像が出品!




b0152027_2254338.jpg
どれも素晴らしいものばかりで、表情や形を自分の目に焼き付けながら、本当に日本人でよかった!と思う。
※写真は「九州国立博物館」から提供
[PR]
# by ukishimakan | 2015-11-17 23:04 | 展覧会 | Trackback | Comments(0)

熊本市現代美術館 ・ 相撲生人形と押絵「西国三十三所観世音霊験記」展

b0152027_8132948.jpg

押絵作品の修復復元、少しづつ完成してきました!
今回は、背景画に貼りつけ完成した作品6点と、貼りつける前の作品数点を展示致します。
夜は8時まで開館、入場は無料です。
18日の13時30分からは私が解説します。ご興味あられる方は是非お出で下さい。

以下、チラシより抜粋‥
当館所蔵の安本亀八《相撲生人形》とあわせて、益城町所蔵の押絵「西国三十三所観世音霊験記」の修復後の
押絵作品群や作品下絵の公開をともに行うものです。
押絵「西国三十三所観世音霊験記」は、もうひとりの熊本出身の生人形師である松本喜三郎の最高傑作《谷汲観音像》
を制作するきっかけとなった伝説的な大興行「西国三十三所観世音霊験記」からインスピレーションを受けて制作されたものです。



b0152027_814778.jpg


会期中のイベント
◇10月18日
トーク       「押絵作品の修復について」    13時30分~14時00分            
ワークショップ  「押絵下絵を見本に行う線の練習」 14時15分~15時30分 
 
◇10月24日 
ワークショップ  「押絵をつくってみよう」   10時30分~12時30分      
レクチャートー ク 「相撲生き人形について」      15時00分~16時00分  
     

[PR]
# by ukishimakan | 2015-10-10 21:22 | 展覧会 | Trackback | Comments(0)

高千穂・槵觸(くしふる)神社

b0152027_21202418.jpg
ニニギノミコト降臨の地、槵觸峰(くしふるのみね)中腹にある槵觸神社。
巨木杉の間を曲がりくねって登る坂道に度肝を抜かれた。
こういう場所があるとは・・こここそパワースポットだろう。


b0152027_21204420.jpg
国の予算でも入っているのだろうか?どの神社よりも風格の感じられる社殿である。

b0152027_2121561.jpg

[PR]
# by ukishimakan | 2015-05-05 22:59 | | Trackback | Comments(0)

茶の湯 三月

b0152027_2211551.jpg
バイモ・ツバキ
[PR]
# by ukishimakan | 2015-04-02 22:13 | 茶の湯 | Trackback | Comments(8)

菊池・虎口(こく)菅原神社 天井画復元 Ⅲ

b0152027_21205773.jpg
昨日、依頼のあった大工さんに納品を済ませた。
雲母が輝き、何となく神々しい感じがする。
天井にはこの並び方で取り付けられる。

天井画で背景に雲母が塗られたものを復元したのは今回が初めてだった。
これまで手掛けたものの中にはなかったが、雲母が塗られているのは珍しいことなのだろうか?
それとも、剥落してしまっていたため これまで気がつかなかったのだろうか?

[PR]
# by ukishimakan | 2015-03-03 21:46 | 文化財 | Trackback | Comments(0)

菊池・虎口(こく)菅原神社 天井画復元 Ⅱ

b0152027_2031135.jpg
葉の緑青の下塗りをし、背景には雲母を厚みが出るくらい塗り重ねる。


b0152027_2043053.jpg
牡丹の花弁に下塗りに胡粉を掘り塗り。



b0152027_2019265.jpg

こちらの花には部分盛上げを・・。
[PR]
# by ukishimakan | 2015-02-23 20:53 | 文化財 | Trackback | Comments(0)

浮島館リフォーム

b0152027_2216021.jpg
浮島館として暮らしていたお屋敷はただ今リフォーム中。
ここは屋根瓦や板が取り外された二階部分。




b0152027_22474988.jpg
傷んだ柱や梁など新たなものに替えられ大工事となっている。

b0152027_2213512.jpg
実家アトリエ横の湧水で浮島館の台所にはめていたガラス戸を洗う。
これはアトリエの入り口に再利用予定。

[PR]
# by ukishimakan | 2015-02-15 23:12 | | Trackback | Comments(0)