陰翳の煌き

チャボ 救出!

夕方 外出していたら携帯が鳴った。
家で留守番していた娘(16歳)からだった。

娘 「チャボは全部で何羽?」

私 「8羽だと思うけど・・」

娘 「あ、それなら大丈夫かな? モモが吠えるから 猫でもいるかと来てみたけど・・」

我が家ではチャボは放し飼いにしている。
寝るのは梅の木、昼間は餌を求めて広い敷地を あっち行ったりこっち来たり・・。

娘 「まだモモが吠えてる・・!」

私 「どこかにまだいるかも。  ところで、爺ちゃんチャボは?」

爺ちゃんチャボとは、昔ボスだった雄鶏のことで、世代交代の戦いに敗れ血だらけになっていたのを
またやられないよう 現在他のチャボと分けて1羽だけ小屋の中で飼っている。

娘 「あーっ!! 蛇が、、、   巻きついてるっ!」



b0152027_7332970.jpg

帰ったら 娘は蚊に食われながら 鶏小屋の前に立っていた。
小屋の中を見ると、爺ちゃんチャボは無事だった。

娘 「小屋を覗いたら横になったチャボの脚だけが見えてて、よくみたら蛇がグルグル・・!」
それで このままでは死んでしまうと、娘が棒を持って蛇と格闘したところ、いつのまにか小屋からいなくなったとのこと。

すぐにモモを紐から外して蛇を探させたけれど、すでに草むらかどこかに去って行ってしまったあとだった。

自分も以前 大きなアオダイショウと棒で悪戦苦闘したことがあるが、心臓がパクパク・・!
細い棒だったので 折れたりして結構 恐かったのを覚えている。

よく勇気を出して闘った!と娘をしっかり称えてやった。



b0152027_1445484.jpg
「コケッコー!」

最近 チャボたちはどこで卵を産んでいるかわからない。
草むらで産んでいることもあるから、それを狙って蛇が寄ってくるのだ。
チャボの卵は 小ぶりだけれど白身が少なく、黄身が大きいのでとても美味しい。

といことは、蛇にとっては呑みやすくて美味しい!
もしかしたら それが蛇たちの間で口コミで拡がっているのかもしれない。

蛇はネズミなどから家を護る。
よく考えれば、24時間 家の周りで警備してくれてるようなもの、、。
だから今はもう殺したりはしない。
見つけたら浮島さんの水に帰してやるだけ、、。


「モモ、チャボたちをしっかり護ってね!」



b0152027_1241868.jpg


[PR]
by ukishimakan | 2012-08-28 10:18 | 自然 | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : https://bluelotus9.exblog.jp/tb/18895320
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by さくら at 2012-08-29 22:48 x
こんばんは^^
コメントありがとうございました。
チャボ助かってよかった。
娘さん頑張りましたね。勇気が必要でしたよね。
しかし蛇がまきついてるのを見て
怒りがこみ上げてきましたが
蛇には蛇の役割もあるんですね。
いろいろなことで生きていくのは大変なことです。
Commented by ukishimakan at 2012-08-30 14:04
さくらさん、ありがとうございます♪
蛇は音もなく自由自在にスーと移動します。
それがあまりにもスムーズで見事なので、気持ちいいのか悪いのか微妙な心持になります。