陰翳の煌き

菊池・虎口(こく)菅原神社 天井画復元 Ⅲ

b0152027_21205773.jpg
昨日、依頼のあった大工さんに納品を済ませた。
雲母が輝き、何となく神々しい感じがする。
天井にはこの並び方で取り付けられる。

天井画で背景に雲母が塗られたものを復元したのは今回が初めてだった。
これまで手掛けたものの中にはなかったが、雲母が塗られているのは珍しいことなのだろうか?
それとも、剥落してしまっていたため これまで気がつかなかったのだろうか?

[PR]
# by ukishimakan | 2015-03-03 21:46 | 文化財 | Trackback | Comments(0)

菊池・虎口(こく)菅原神社 天井画復元 Ⅱ

b0152027_2031135.jpg
葉の緑青の下塗りをし、背景には雲母を厚みが出るくらい塗り重ねる。


b0152027_2043053.jpg
牡丹の花弁に下塗りに胡粉を掘り塗り。



b0152027_2019265.jpg

こちらの花には部分盛上げを・・。
[PR]
# by ukishimakan | 2015-02-23 20:53 | 文化財 | Trackback | Comments(0)

浮島館リフォーム

b0152027_2216021.jpg
浮島館として暮らしていたお屋敷はただ今リフォーム中。
ここは屋根瓦や板が取り外された二階部分。




b0152027_22474988.jpg
傷んだ柱や梁など新たなものに替えられ大工事となっている。

b0152027_2213512.jpg
実家アトリエ横の湧水で浮島館の台所にはめていたガラス戸を洗う。
これはアトリエの入り口に再利用予定。

[PR]
# by ukishimakan | 2015-02-15 23:12 | | Trackback | Comments(0)

花人原田耕三の"梅花”

b0152027_221326.jpg
細川家立田別邸で催された梅花茶会に行ってきた。
薄茶を頂き 花を観賞し、原田耕三氏の話を聞く・・
充実した特別な一日となった。



b0152027_22175024.jpg
「弄花香満衣」 
花を弄(ろう)すれば香り衣に満つ




b0152027_22455332.jpg
背景には銀屏風。
格調高い生け花によってこの別邸がさらに素敵な空間となった。




b0152027_2223531.jpg

[PR]
# by ukishimakan | 2015-02-14 23:41 | 茶の湯 | Trackback | Comments(0)

菊池・虎口(こく)菅原神社 天井画復元 Ⅰ

b0152027_1271791.jpg
菊池の奥、竜門ダムのすぐ下にある。
拝殿の建てられた160年程前に天井画は描かれたようだ。


b0152027_1212991.jpg
板はイチョウの木。板寸法は51センチ×33センチ。
植物の背景には雲母が引かれ金の砂子が蒔かれていた。


b0152027_12395566.jpg
弱くなった絵具を取り、ドーサを掛ける。
[PR]
# by ukishimakan | 2015-02-10 12:43 | 文化財 | Trackback | Comments(0)

押絵・西国三十三ヵ所観世音霊験記絵 修復復元Ⅰ

b0152027_0305517.jpg
第三十番 近江・竹生島 宝巌寺     91㎝×60㎝

押絵の作者は深浦春。背景画は中島千壽。
生人形師・松本喜三郎の作品・下絵をもとに 約100年前、5年の歳月をかけて制作された貴重なものである。
背景の日本画に、部分ごとに綿で立体感を出し美しい布で包んだ人物等の押絵を貼り込んであり、全部で33枚。

b0152027_030319.jpg
第十四番 近江・三井寺(園城寺)     91㎝×60㎝


b0152027_19543975.jpg
押絵部分を取り外した後、表面にレーヨン紙で表打ちをし、水を与えながら板から少しずつ剥していく。
b0152027_9415091.jpg
剥したら、古い裏打ち紙を一枚一枚剥いで・・

b0152027_9385068.jpg
最後の一枚を剥し・・
本紙のみにした後、薄美濃紙で裏打ち。

b0152027_1002898.jpg
裏打ち完成。しかし、かなり剥落が箇所が多いので、これをそのまま修復するより、やはり新たに別紙に復元することを選択‥。


[PR]
# by ukishimakan | 2015-02-07 21:46 | 文化財 | Trackback | Comments(0)

茶の湯 一月

b0152027_1825042.jpg

掛軸 「花開く万国の春」
結び柳・椿・紅梅・青竹花入れ

[PR]
# by ukishimakan | 2015-02-06 18:36 | 茶の湯 | Trackback | Comments(0)